テーブルから、ひろがるものと
 

食事をしたり、お茶を淹れておしゃべりしたり。

誰かがノートを広げる横で、本を読んだり、物思いにふけったり。

懐かしい記憶の中にあるテーブル。

思い思いの時間を受け止めてくれた、大らかな余白のような「お茶の間」

そんな自由な集いの場をつくりたくて、

京都南山城村、童仙房の山の上にある旧保育園舎に、

長くゆったりしたテーブルをひとつご用意しました。

ここがあなたにとって、何度でも帰ってきたくなる

特別なテーブルになれたら、うれしく思います。

cal202110.jpg
cal202111.jpg